音楽史:ヨーロッパ 19-14年


Back Next 
 この書棚のキーワード

音楽史:ヨーロッパ シューベルト ショスタコーヴィチ ショパン バッハ フジ子・ヘミング 
フルトヴェングラー ベートーヴェン マーラー モーツァルト ワーグナー 音楽 西洋音楽

 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2019/05/17
売順書名著者出版社発行定価
バッバッハ 吉田秀和河出書房新社19/03\864
シュシューベルトの「冬の旅」イアン・ボストリッジアルテスパブリッシング17/02\6264
ベーベートーヴェンの生涯 青木やよひ平凡社18/05\1512
フジフジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記フジコ・ヘミング暮しの手帖社18/06\2500
シュシュトックハウゼンのすべて松平敬アルテスパブリッシング19/02\3024
ベーベートーヴェンを聴けば世界史がわかる 片山杜秀文藝春秋18/11\864
クラクラシック音楽全史 −ビジネスに効く世界の教養松田亜有子ダイヤモンド社18/10\1728
たい泰西音楽逍遥尾崎秀英K&Kプレス15/02\1080
クラクラシック音楽とは何か岡田暁生小学館17/11\1296
クラクラシックでわかる世界史 −時代を生きた作曲家、歴史を変えた名曲アルテスパブリッシングアルテスパブリッシング17/05\2052
せい西洋音楽史を聴く −バロック・クラシック・ロマン派の本質前川誠郎講談社19/03\864
あく悪魔と呼ばれたヴァイオリニスト −パガニーニ伝浦久俊彦新潮社18/07\821
シュシューマンの結婚 語られなかった真実P・W・エイステン音楽之友社15/04\2160
リッリッカルド・ムーティ、イタリアの心ヴェルディを語るムーティ,リッカルド音楽之友社14/05\3780
カレカレル・アンチェル −悲運に生きたマエストロ高橋綾アルファベータブックス18/12\2700
パリパリのヴィルトゥオーゾたち −ショパンとリストの時代レンツ,ヴィルヘルム・フォンハンナ16/04\2052
スラスラーヴァ!ロシア音楽物語 −グリンカからショスタコーヴィチへ留守key学研プラス17/05\1404
シベシベリウス 作曲家◎人と作品神部智音楽之友社17/12\2484
クラクララ・シューマン 音楽家の伝記はじめに読む1冊萩谷由喜子ヤマハミュージックエンタテインメント19/04\1728
ひら平原綾香と開くクラシックの扉平原綾香東京新聞17/07\1404
マーマーラーを語る −名指揮者29人へのインタビューシャウフラー,ヴォルフガング音楽之友社16/04\3348
フルフルトヴェングラーを追って平林直哉青弓社14/01\2160
くよくよくよしない力フジコ・ヘミング秀和システム18/08\827
サリサリエーリ生涯と作品 −モーツァルトに消された宮廷楽長水谷彰良復刊ドットコム19/01\3996
モーモーツァルトその音楽と生涯 第3巻 −名曲のたのしみ、吉田秀和吉田秀和学研パブリッシング14/10\3456
モーモーツァルトその音楽と生涯 第2巻 −名曲のたのしみ、吉田秀和吉田秀和学研パブリッシング14/08\3456
モーモーツァルトその音楽と生涯 第4巻 −名曲のたのしみ、吉田秀和吉田秀和学研パブリッシング14/12\3456
フラフラッター・エコー音の中に生きるトゥープ,デイヴィッドDU BOOKS17/06\3240
ベーベートーヴェン捏造 −名プロデューサーは嘘をつくかげはら史帆柏書房18/10\1836
ブラブラームス マンガ音楽家ストーリー7葛城まどかドレミ楽譜出版15/01\972
セルセルジュ・ゲンズブール −バンド・デシネで読むその人生と音楽と女たちフランソワ・ダンベルトンDU BOOKS16/10\2160
メンメンデルスゾーンの音符たち 池辺晋一郎の池辺晋一郎音楽之友社18/10\2808
パリパリのモーツァルト−その光と影澤田義博アカデミア・ミュージック14/03\1620
うん運命と呼ばないで −ベートーヴェン4コマ劇場NAXOS JAPAN学研パブリッシング14/05\9476
モーモーツァルトその音楽と生涯 第5巻 −名曲のたのしみ、吉田秀和吉田秀和学研パブリッシング15/02\3456
ベーベートーヴェン 音楽家の伝記はじめに読む1冊ひのまどかヤマハミュージックエンタテインメント19/04\1728
ドビドビュッシー最後の一年青柳いづみこ中央公論新社18/12\1728
バッバッハ −「音楽の父」の素顔と生涯加藤浩子平凡社18/06\994
ブルブルックナー研究L・ノヴァーク音楽之友社18/04\2970
アイアイリッシュ・ミュージック・セッション・ガイドバリー・フォイアルテスパブリッシング17/12\1296
リヒリヒテルと私 河島みどり草思社15/08\1026
ドビドビュッシーとの散歩 青柳いづみこ中央公論新社16/02\670
バイバイエルの謎 −日本文化になったピアノ教則本安田寛新潮社16/03\594
クラクラシック音楽の歴史 中川右介KADOKAWA17/09\950
ぜっ絶対音楽の美学と分裂する〈ドイツ〉 −十九世紀 音楽の国ドイツ の系譜学吉田寛青弓社15/01\2808
カーカール・ニールセン自伝フューン島の少年時代 −デンマークの国民的作曲家ニールセン,カール彩流社15/09\3024
ヘンヘンデルが駆け抜けた時代 −政治・外交・音楽ビジネス三ヶ尻正春秋社18/06\2268
ショショスタコーヴィチ引き裂かれた栄光亀山郁夫岩波書店18/03\3564
あお青い目のヴァイオリニストとの結婚 キュッヒル真知子新潮社14/12\12602
しあ幸せのレッスンエレーヌ・グリモー春秋社18/10\2376
メンメンデルスゾーン −知られざる生涯と作品の秘密ジャコブ,レミ作品社14/06\11800
オペオペレッタの幕開け −オッフェンバックと日本近代森佳子青弓社17/03\3024
れい冷戦とクラシック NHK出版新書中川右介NHK出版17/07\1015
リヒリヒャルト・シュトラウス 作曲家・人と作品シリーズ岡田暁生音楽之友社14/05\2268
はか葉加瀬太郎の情熱クラシック講座葉加瀬太郎ローソンHMVエンタテイメント16/12\1620
モーモーツァルト −作曲家の物語ひのまどか新潮社16/01\637
フラフランツ・シューベルト −あるリアリストの音楽的肖像ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセンアルテスパブリッシング17/04\2376
フルフルトヴェングラー −最大最高の指揮者河出書房新社河出書房新社15/07\1404
カプカプースチン −ピアノ音楽の新たな扉を開く川上昌裕ヤマハミュージックエンタテインメント18/09\2376
モーモーツァルトその音楽と生涯 第1巻 −名曲のたのしみ、吉田秀和吉田秀和学研パブリッシング14/06\3456
こが古楽再入門 −思想と実践を知る徹底ガイド寺西肇春秋社15/09\3024
あめ雨の歌 −ゲルハルト・ボッセ、その肖像のための十八のデッサン菅野美智子アルテスパブリッシング19/01\3024
ショショパン −パリの異邦人河出書房新社河出書房新社14/01\1296
ミシミシェル・ルグラン クロニクル濱田志立東舎17/09\3240
おん「音楽の捧げもの」が生まれた晩 −バッハとフリードリヒ大王ゲインズ,ジェイムズ・R・白水社14/06\3888
だい大作曲家の病跡学:ベートーヴェン,シューマン,マーラー小松順一星和書店17/11\1944
ドビドビュッシーのおもちゃ箱青柳いづみこ学研プラス18/08\2700
マーマーラーを識る 神話・伝説・俗説の呪縛をアルファベータブックス前島良雄アルファベータ14/12\1944
クセクセナキスは語る −いつも移民として生きてきたドゥラランド,フランソワ青土社19/04\3024
クラクララ・シューマンモニカ・シュテークマン春秋社14/09\3024
バルバルトーク音楽のプリミティヴィズム太田峰夫慶応義塾大学出版会17/09\4860
ヘルヘルベルト・ブロムシュテット自伝 −音楽こそわが天命ヘルベルト・ブロムシュテットアルテスパブリッシング18/10\2700
ダンダンスと音楽 −躍動のヨーロッパ音楽文化誌クレール・パオラッチアルテスパブリッシング17/04\2376
たま卵のように軽やかに −サティによるサティエリク・サティ筑摩書房14/11\1404
ユダユダヤ人とクラシック音楽 本間ひろむ光文社14/09\821
エフエフゲニー・キーシン自伝エフゲニー・キーシンヤマハミュージックメディア17/03\2700
とう東欧音楽綺譚 クルレンツィス・跛行の来訪伊東信宏音楽之友社18/10\2484
ドヴドヴォルジャーク −その人と音楽・祖国黒沼ユリ子冨山房インターナショナル18/09\3024
せん戦争交響楽 −音楽家たちの第二次世界大戦中川右介朝日新聞出版16/04\972
めい名コンサートマスター、キュッヒルの音楽手帳 −ウィーン・フィルとともに4キュッヒル,ライナー音楽之友社16/07\1620
オケオケ奏者なら知っておきたいクラシックの常識 いりぐちアルテス長岡英アルテスパブリッシング14/05\1728
ヴェヴェルディの生き方27カ条 −ビジネスマンに捧ぐ牧野宣彦幻冬舎メディアコンサルティング19/02\864
リヒリヒテルは語る ボリソフ,ユーリー筑摩書房14/03\1512
せい西洋音楽史再入門 −4つの視点で読み解く音楽と社会村田千尋春秋社16/07\3132
えん演奏史譚1954/55 −クラシック音楽の黄金の日日山崎浩太郎アルファベータブックス17/03\3456
モーモーツァルト 礒山雅筑摩書房14/06\1296
スクスクリャービン −晩年に明かされた創作秘話サバネーエフ,レオニード・レオニードヴィ音楽之友社14/10\3888
ラフラフマニノフ −生涯、作品、録音ハリソン,マックス音楽之友社16/05\4698
ぼく僕はホルンを足で吹く −両腕のないホルン奏者フェリックス・クリーザー自伝クリーザー,フェリックスヤマハミュージックメディア17/07\1944
ミシミシェル・ルグラン自伝 −ビトゥイーン・イエスタデイ・アンド・トゥモロウミシェル・ルグランアルテスパブリッシング15/07\3024
アリアリスの奇跡 −ホロコーストを生きたピアニストキャロライン・ステシンジャー悠書館15/08\2376
バルバルトークの民俗音楽の世界 −子供のためのピアノ作品を題材にパップ晶子音楽之友社15/08\1998
シュシュニトケの無名時代ドミートリー・シューリギン群像社16/05\1944
モーモーツァルトの人生 −天才の自筆楽譜と手紙カンタグレル,ジル西村書店17/04\5184
しん新編バッハのすべて −生涯、作品とその名演奏家たち音楽の友編集部音楽之友社16/11\6800
あく悪魔のすむ音楽若林暢音楽之友社17/07\1944
ロマロマン派の音楽家たち −恋と友情と革命の青春譜中川右介筑摩書房17/04\1080
パリパリのサロンと音楽家たち −19世紀の社交界への誘い上田泰史カワイ出版18/05\2592
ひとひとりヴァイオリンをめぐるフーガテディ・パパヴラミ藤原書店16/04\4968
アイアイルランド音楽 −碧の島から世界へ大島豊アルテスパブリッシング15/03\2376
モーモーツァルト最後の四年 −栄光への門出ヴォルフ,クリストフ春秋社15/12\2700
けっ〈決定版〉モーツァルトのいる部屋井上太郎河出書房新社14/07\2970
ピアピアニスト フランソワの 粋 を聴く舩倉武一アルファベータ14/03\1728
パブパブロ・カザルス −奇跡の旋律ジャン・ジャック・ブデュ創元社14/07\1728
そう総特集エリック・サティの世界小沼純一青土社15/11\2268
ヘンヘンリック・ヴェニャフスキ −ポーランドの天才バイオリニスト、作曲家エドムンド・グラプコフスキ冨山房インターナショナル16/08\1944
いまいまに生きるベートーヴェン −生涯・作品と演奏法の変遷音楽之友社音楽之友社17/11\1836
カーカール・リヒター −不滅のバッハ伝道師河出書房新社河出書房新社16/11\1404
うら裏声歌手のモンテヴェルディ偏愛主義 −演奏・演出の現場から見た《オルフェ彌勒忠史アルテスパブリッシング18/06\2376
ベーベートーヴェン器楽・室内楽の宇宙中村孝義春秋社15/11\3024
ショショパンの本 −ピアノの詩人〜そのすべてを探る音楽の友編集部音楽之友社15/07\5555
ナデナディア・ブーランジェ −名音楽家を育てた“マドモアゼル”スピケ,ジェローム彩流社15/09\3024
デレデレク・ベイリーベン・ワトソン工作舎14/01\5184
でん伝説の指揮者フェレンツ・フリッチャイ −自伝・音楽論・讃辞・記録・写真叢フリッチャイ,フェレンツアルファベータブックス15/03\3456
こが古楽でめぐるヨーロッパの古都 Booksウト渡邊温子アルテスパブリッシング16/07\2376
ハイハイドンの音符たち −池辺晋一郎の「新ハイドン考」池辺晋一郎音楽之友社17/02\2808
エンエンニオ・モリコーネ映画大全東京エンニオ・モリコーネ研究所洋泉社16/04\4104
ブルブルクミュラー25の不思議 −なぜこんなにも愛されるのか飯田有抄音楽之友社14/01\2052
ぼく僕は奇跡なんかじゃなかった −その伝説と実像カール・レーブル音楽之友社17/03\1998
ドビドビュッシーと歩くパリ 新装版CD付中井正子アルテスパブリ18/04\2376
チャチャイコーフスキイ伝 上巻 −アダージョ・ラメントーソはレクイエムの響き小松佑子文芸社17/06\1800
フルフルトヴェングラーとトーマス・マン −ナチズムと芸術家叢書ビブリオムジカクラウス・カンツォークアルテスパブリッシング15/03\2700
レオレオポルト・アウアー自伝 −サンクト・ペテルブルクの思い出アウアー,レオポルト出版館ブック・クラブ18/08\4104
ホロホロヴィッツ 20世紀最大のピアニストの中川右介アルファベータ18/04\2700
チャチャイコフスキーの音符たち 池辺晋一郎の−池辺晋一郎の「新チャイコフスキ池辺晋一郎音楽之友社14/09\2376
えい英国フォーク・ロックの興亡 −ポップとトラッドの接点から生まれた音楽を巡小西勝シンコーミュージック・エンタテイメン15/10\2160
ベーベートーヴェン像再構築大崎滋生春秋社18/06\19440
フラ〈フランツ・シューベルト〉の誕生 −喪失と再生のオデュッセイ堀朋平法政大学出版局16/03\5940
ポホポホヨラの調べ −指揮者がいざなう北欧音楽の森新田ユリ五月書房15/04\10000
ソンソング・オブ・サマー真実のディーリアスエリック・フェンビーアルテスパブリッシング17/11\2592
アレアレクセイ・スルタノフ −伝説の若き天才ピアニストコジマ,アルバンアルファベータブックス17/12\2160
クロクロイツァーの肖像 −日本の音楽界を育てたピアニスト萩谷由喜子ヤマハミュージックメディア16/04\2376
ショショスタコーヴィチとスターリンヴォルコフ,ソロモン慶応義塾大学出版会18/04\6264
ラフラフマニノフの想い出サーチナ,ソフィヤ水声社17/07\9620
きゅ旧東ドイツ音楽の旅児玉麻里文芸社17/10\5400
モーモーツァルト演奏法と解釈エファ・バドゥーラ・スコダ音楽之友社16/05\7884
ぶん文化のなかの西洋音楽史グリフィス,ポール音楽之友社17/07\3240
ヴァヴァーグナーの反ユダヤ思想とナチズム −『わが闘争』のテクストから見えて鈴木淳子アルテスパブリッシング15/09\2592
パスパスカル・ドゥヴァイヨンとめぐるドビュッシーの島々 −前奏曲集を中心にドゥヴァイヨン,パスカル音楽之友社16/06\1944
リヒリヒャルト・シュトラウス −鳴り響く落日田代櫂春秋社14/03\4104
ドメドメニコ・スカルラッティカークパトリック,ラルフ音楽之友社18/11\7992
モーモーツァルトのいる休日 −大人の楽しむクラシック石田衣良マイナビ出版16/09\918
ヴォヴォイセズ・オブ・アイルランド −アイリッシュ・ミュージックとの出会い五十嵐正シンコーミュージック・エンタテイメン16/12\2376
パデパデレフスキ自伝 上 −闘うピアニストパデレフスキ,イグナツィ・ヤンハンナ16/06\2052
ユーユーリー・テミルカーノフ モノローグジャミーリャ・ハガロヴァアルファベータブックス18/02\2700
ベーベートーヴェンリヒャルト・ワーグナー法政大学出版局18/08\7560
パデパデレフスキ自伝 下 −闘うピアニストヤン・パデレフスキハンナ16/07\1620
エリエリック・サティ覚え書秋山邦晴青土社16/05\5616
アルアルバン・ベルク テオドール・W・アドルノ法政大学出版局14/06\3240
ピエピエール・バルーとサラヴァの時代松山晋也青土社17/09\2376
ブラブラームスとその時代 大作曲家とその時代シリーズシュミット,クリスティアン・マルティン西村書店17/11\4860
ドビドビュッシー −香りたつ音楽島松和正講談社エディトリアル17/07\2376
ブーブーレーズ/ケージ往復書簡 −1949−1982ピエール・ブーレーズみすず書房18/04\6696
ねこ猫の音楽 −半音階的幻想曲レーベンシュテイン,ジャン=クロード勁草書房14/06\2592
モーモーツァルト家のキャリア教育 −18世紀の教育パパ、天才音楽家を育てる久保田慶一アルテスパブリッシング14/03\2376
バッバッハの四兄弟 −フリーデマン、エマヌエル、フリードリヒ、クリスティオル久保田慶一音楽之友社15/03\2376
クルクルト・ヴァイル 生真面目なカメレオン田代櫂春秋社17/08\3780
たま魂と弦 (増補新版)イヴリー・ギトリス春秋社17/03\3780
わた私のフルトヴェングラー宇野功芳河出書房新社16/02\1944
ちゅ中央ヨーロッパ現在進行形ミュージックシーン・ディスクガイド −ポーランドオラシオDU BOOKS14/12\2700
ファファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル −時代に埋もれた女性作曲家の生涯ビュヒター=レーマー,ウテ春風社15/01\6652
みぢ身近で見たマエストロトスカニーニチョツィノフ,サミュエルアルファベータブックス17/11\2160
フルフルトヴェングラーのコンサート −解読・全演奏記録叢書・20世紀の芸術と山下山人アルファベータブックス15/12\4968
ラモラモー芸術家にして哲学者 −ルソー・ダランベールとの「ブフォン論争」まで村山則子作品社18/05\4536
シベシベリウスと宣長新保祐司港の人14/12\2592
あい愛犬たちが見たリヒャルト・ワーグナーデッカー,ケルスティン白水社16/01\3132
ブルブルーノ・ワルター −音楽に楽園を見た人ライディング,エリック音楽之友社15/01\7020
バイ『バイエル』原典探訪 −知られざる自筆譜・初版譜の諸相安田寛音楽之友社16/04\3240
コジコジマの日記 3 −リヒャルト・ワーグナーの妻1871.11〜1873.コジマ・ヴァーグナー東海大学出版部17/10\7344
フルフルトヴェングラーの地平 −行き交いの断片に垣間見るドラマを追って飯田昭夫現代書館15/09\2916
ODOD>わが父ショスタコーヴィチ −初めて語られる大作曲家の素顔(OD版)アールドフ,ミハイル音楽之友社14/07\3024
マーマーラー テオドール・W・アドルノ法政大学出版局14/06\3240
フルフルトヴェングラー研究クラーネルト,セバスチャン音と言葉社15/08\3240
リュリュック・フェラーリ センチメンタル・テールズーあるいは自伝としての芸術リュック・フェラーリアルテスパブリッシング16/03\2916
アルアルバン・ベルク −地獄のアリア田代櫂春秋社15/10\4104
めい名曲誕生 −時代が生んだクラシック音楽小宮正安山川出版社14/03\1944
ワーワーグナーシュンポシオン 2015 特集:《トリスタンとイゾルデ》初演1日本ワーグナー協会東海大学出版部15/07\3132
ベーベートーヴェン・ブラームス・モーツァルトその音楽と病 −総合病院内科医が小林修三医薬ジャーナル社15/05\2808
ベルベル・エポックの音楽家たち −セザール・フランクから映画の音楽までフランソワ・ポルシル水声社16/08\11394
ルールーマニア音楽史 −音楽家の足跡から辿る畠山陸雄えにし書房15/07\2160
ワーワーグナーシュンポシオン 2017 特集:ワーグナーの呪縛(1)日本ワーグナー協会アルテスパブリッシング17/07\3132
モーモーツァルト −ある天才の社会学ノールベルト・エリアス法政大学出版局14/02\2376
モーモーツァルトと女性たち −家族、友人、音楽グラヴァー,ジェイン白水社15/11\4968
にほ日本人とショパン −洋楽導入期のピアノ音楽多田純一アルテスパブリッシング14/03\4212
ハイハインリヒ・シュッツ −その生家500年の歴史シュタイン,インゲボルク東京図書出版15/11\5850
フルフルトヴェングラーの遺言 −混迷する現代へのメッセージ野口剛夫春秋社14/10\2700
チャチャイコーフスキイ伝 下巻 −アダージョ・ラメントーソはレクイエムの響き小松佑子文芸社17/06\1800
ロシロシア・アヴァンギャルドの宇宙論的音楽論 −言語・美術・音楽をつらぬく四高橋健一郎水声社18/12\8510
ワーワーグナーシュンポシオン 2018 特集:ワーグナーの呪縛2日本ワーグナー協会アルテスパブリッシング18/07\3132
ワーワーグナーシュンポシオン 2014 特集:ワーグナー生誕200年2日本ワーグナー協会東海大学出版部14/07\15749
いは伊八、北斎からドビュッシーへ −日仏文化交流の麗しき円環栗原浩太郎創英社14/03\13636
フルフルトヴェングラーとの語らい仙北谷晃一アルファベータブックス16/03\2700
オッオッフェンバックと大衆芸術 −パリジャンが愛した夢幻オペレッタ 早稲田大森佳子早稲田大学出版部14/05\8856
フルフルトヴェングラーを超えて野口剛夫青弓社14/10\2160
ワーワーグナーシュンポシオン 2016 特集:ワーグナー−20世紀への序奏日本ワーグナー協会東海大学出版部16/07\3132
シシシシュフォスの神話 −ワーグナー試論三宅幸夫五柳書院14/05\2700
ぼだ菩提樹と立ち葵の歌〜ショパン音の日記〜W・ホトムスカハンナ17/04\1944
じぶ自分を信じる勇気 −超訳モーツァルト天乃聖樹泰文堂16/01\1512
ワーワーグナー 下マルティン・ゲック岩波書店14/02\7928
ライライヒャルト −ゲーテ時代の指導的音楽家滝藤早苗慶応義塾大学出版会17/12\15120
アマアマデー君、遊びましょ! モーツァルトと野口秀夫神戸新聞総合印15/04\2700
フルフルトヴェングラーと私たち −東京フルトヴェングラー研究会創立20周年記野口剛夫アルファベータブックス15/07\2160
トストスカニーニ −指揮者の最高峰河出書房新社河出書房新社17/05\1404

Top > 芸術目次 > 音楽史:ヨーロッパ 19-14年 Back Next  _音楽史:ヨーロッパ13-08年(A館)

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(19-14年) A館(13-08年) B館(07-02年) C館(01-96年) D館(95-90年) E館(89年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)