評論:日本 19-14年 017


Back Next 
 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2019/02/22
評価 読順書名著者出版社発行定価
ぜん全員死刑 −大牟田4人殺害事件「死刑囚」獄中手記鈴木智彦小学館17/11\540
ぜん前科おじさん高野政所スモール出版16/08\1620
ぜん前科者経営者 −どん底からの逆転人生高山敦プレジデント社18/09\1512
せん戦艦「武蔵」 −武蔵は沈まない。私はそう信じて戦った!朝倉豊次潮書房光人新社18/06\940
せん戦艦「大和」機銃員の戦い −証言・昭和の戦争小林昌信潮書房光人社16/04\918
せん戦艦大和最後の乗組員の遺言 八杉康夫ワック15/04\994
せん戦艦大和ノ最期 吉田満講談社16/07\1080
せん一九六〇年代アメリカ留学記 −或る女学生から母への書簡集滝川秀子文芸社14/04\6643
ぜん前傾姿勢でいいじゃない −子育て、起業、いま女子大生太刀山美樹西日本新聞社15/10\1404
せん戦後70年わたしの戦争体験 −いまだから伝えたい当時の思い出、平和への祈小説現代講談社15/07\1512
せん潜行三千里 (新書版)辻政信毎日ワンズ16/07\1188
せん戦後的思考 加藤典洋講談社16/11\2376
せん戦時下・戦後を生きて −戦後70年にあたって山梨平和ミュージアム山梨ふるさと文庫15/07\1620
せん戦時、戦後の昭和一桁 −私がくぐり抜けてきた激動の87年抱忠男東洋出版19/01\1080
せん戦場カメラマン 石川文洋筑摩書房18/06\2376
せん戦場体験キャラバン −元兵士2500人の証言から戦場体験放映保存の会彩流社14/08\2700
せん戦場中毒 −撮りに行かずにいられない横田徹文藝春秋15/10\1620
せん戦場のはて −19歳の少年兵、生きのびて黒田千代吉文芸社14/10\540
ぜん全身ジレンマ −うさぎとマツコの往復書簡中村うさぎ双葉社14/09\610
せん潜水艦作戦 板倉光馬潮書房光人新社18/04\940
せん潜水艦戦史 −圧倒的脅威に耐えて敢闘した勇者たちの記録折田善次潮書房光人社17/05\2160
せん潜水艦隊橋本以行潮書房光人社14/05\2160
せん先生からのメッセージ「先生からのメッセージ」発刊委員会文芸社14/01\1512
せんせんせい記者日記 信毎選書小坂真希信濃毎日新聞社14/01\1080
せん先生、ちょっと人生相談いいですか?瀬戸内寂聴集英社インターナショナル18/10\1404
せん先生と私佐藤優幻冬舎14/01\1836
せん先生と私 佐藤優幻冬舎16/04\702
せん戦線 改版林芙美子中央公論新社14/08\10685
せん戦争孤児申英慧万来舎15/08\1512
せん戦争しない国が好き! −女子学院中学生が綴った日本の戦争22話おのだめりこ高文研15/07\1512
せん戦争青春記秋葉洋一葉社17/05\1944
せん戦争育ちの放埓病 色川武大幻戯書房17/10\4536
せん戦争とおはぎとグリンピース −婦人の新聞投稿欄「紅皿」集西日本新聞社西日本新聞社16/05\1512
せん戦争と虚構杉田俊介作品社17/11\2592
せん戦争とは敵も味方もなく、悲惨と愚劣以外の何物でもない東野利夫文芸社17/12\1404
せん戦争と平和 百田尚樹新潮社17/08\821
せん戦争に巻きこまれた日々を忘れない −日本とアフガニスタンの証言長倉禮子新日本出版社16/07\1512
せん戦争の記憶をつなぐ −十三の物語松野良一中央大学出版部16/03\6100
せん戦争の生物学序説今泉忠芳風詠社17/04\540
せん戦争は国民が泣くだけだ −東京大空襲とその後保坂進文芸社15/07\1188
せん戦争無惨 −戦争が置いていったもの吉松文雄文芸社14/03\1296
せん戦争を悼む人びとシャーウィン裕子高文研16/02\2160
せん「戦争」を語る立花隆文藝春秋16/07\1080
せん戦争をした国 −アジア・太平洋戦争の証言と伝言@信州平和のための信州・戦争展長野県連絡センタ川辺書林15/08\1500
せん「戦争を知っている子供」の記憶の記録服部寿子清風堂書店16/02\5220
せん戦争を背負わされて −10代だった9人の証言広岩近広岩波書店15/07\2052
せん仙台ぐらし 伊坂幸太郎集英社15/06\583
せん戦地から愛のメッセージ −400通の絵手紙にこめられた家族の絆、平和の尊伊藤博文文芸社14/08\1080
せん戦地からの最期の手紙 −二十二人の若き海軍将兵の遺書将口泰浩海竜社16/08\1512
せん戦地巡歴 わが祖父の声を聴く井上佳子弦書房18/08\2376
せん戦地で生きる支えとなった115通の恋文稲垣麻由美扶桑社15/07\2200
せん戦中戦後 少年の日記一九四四〜四五年藤田秀雄同時代社14/08\2376
せん戦中・戦後世代から現代を見つめる船場幸二風詠社18/02\1512
せん戦中戦後体験記大東亜戦争上野みさ子文芸社17/01\648
せん戦中・戦後の暮しの記録 −君と、これから生まれてくる君へ暮しの手帖社暮しの手帖社18/07\2700
せん戦中戦後の日々 −〜わたしが子どもだったころ〜竹島善一奥会津書房17/03\800
せん戦中派の死生観 吉田満文藝春秋15/08\1426
せん戦中派復興日記 山田風太郎小学館14/08\788
センセントポーリア −咲きつづける日々の中で西松史子文芸社15/01\1296
せん千年のうたかた川良浩和かまくら春秋社14/02\1944
せん千の風になったあなたへ贈る手紙 第2章「千の風」手紙プロジェクト朝日新聞出版14/04\864
せん千の風になったあなたへ贈る手紙 第3章新井満朝日新聞出版17/04\864
せん千の証言 −あの戦争を人々はどう生きたのか毎日新聞「千の証言」取材班毎日新聞出版16/02\1620
せん千羽鶴 原爆の子の像の記録−原爆の子の像の記録平和文庫豊田清史日本ブックエー14/06\1080
せん専務の無駄口今野久志文藝春秋企画出版部17/06\1080
せんせん妄はこころの叫び 百六歳・母の晩年仲紘嗣文芸社14/09\1188
せん仙游小舎の日々神宮清志牧歌舎19/02\1296
せん先憂 −日本の先行きはこれだ!片山正昭風詠社19/01\1296
ぜん前立腺がん治療再考河北英詮さんこう社14/09\1080
ぜんぜんりゃくパパへ講談社講談社18/06\1296
ぜん前略南ぬシマジマ −新シマとの対話平田大一ボーダーインク16/08\1728
せん線量計と奥の細道ドリアン助川幻戯書房18/07\4580
せん洗礼ダイアリー文月悠光ポプラ社16/09\1512
そう新城安司文芸社16/08\648
そうそう書いてあった益田ミリミシマ社15/05\1620
ぞう象が踏んでも −回送電車4堀江敏幸中央公論新社14/10\756
そう双極性障害と闘う −患者として、新聞記者として熱海芳弘無明舎出版14/03\1728
そう蒼空の航跡 久山忍潮書房光人社14/09\886
そうそうして、百歳の朝がきた −人生100年時代の素敵な暮らし小野塚久枝文藝春秋企画出版部18/12\1296
そう草食男此花忠司文芸社17/07\1080
そう草食系男子の逆襲 −さあ、サムライたちよ、道はそこにある!野原秀人U−chu企画15/08\1404
そう漱石紀行文集 藤井淑禎岩波書店16/07\756
そう漱石「こころ」の言葉 夏目漱石文藝春秋14/06\788
そう漱石人生論集 夏目漱石講談社15/10\821
そう漱石の長襦袢 下 大活字本シリーズ半藤末利子埼玉福祉会18/05\6100
そう漱石の長襦袢 上 大活字本シリーズ半藤末利子埼玉福祉会18/05\6100
そう漱石『満韓ところどころ』を読む 高畠寛鳥影社15/07\1620
そう創造元年1968笠井潔作品社16/10\1944
そう想像の翼にのって村岡花子河出書房新社14/07\1620
そうそうだ、やっぱり愛なんだ −50歳からの幸福論柴門ふみKADOKAWA18/01\605
そう相談者塚本千秋日本評論社18/12\3132
そう早朝のメール −随筆黒瀬長生ルネッサンス・アイ18/08\1404
そう想定外を楽しむ方法越前屋俵太KADOKAWA17/04\757
ぞう[増補版]60年代が僕たちをつくった小野民樹幻戯書房17/07\2700
そう総務部長はトランスジェンダー −父として、女として岡部鈴文藝春秋18/06\1728
そう相聞唄・私の人称変化藤野昭雄朝日出版社18/12\1620
そう爽籟 −紀行小文集新井信子鶴書院15/10\1404
そう草流詞西田幸子文芸社16/01\1080
そう箏漏亭日常矢島康吉文学の森16/10\1944
ソーソートされた本 2 −復元可能版暗黒通信団暗黒通信団15/05\3003
ソーソーメンと世界遺産 椎名誠集英社17/02\562
そか疎開生活絵巻石田米子「疎開生活絵巻」刊行委員会15/08\2160
そか疎開っ子伊藤正文芸社14/05\1512
ぞく続・味なじいさん げんきに・楽しく歩け・走れ−げんきに・楽しく歩け・走れ深谷泰造鳥影社17/07\1620
ぞく続 院長の部屋から竹田寛文三重大学出版会14/04\4247
ぞく続・キザと知ったかぶり向坂勝之エスアイビー・14/11\1944
ぞく続・人生の美学河合聡ウインかもがわ19/02\864
ぞく続々・石の上にも五十年 −一鉱床学者の閑談36話島崎英彦明文書房18/07\1728
ぞく続々・開業医の奥様永倉啓子文芸社17/07\540
ぞく続蔦の葉通信 −日々を味わう喜び喜多村蔦枝円窓社17/12\5400
ぞく続・遠くて近い若かりし日々 −鈴木陸夫回顧録3鈴木陸夫文芸社18/01\1296
ぞく続・残された手紙 心をつないだ旅路の出会文庫三好遥日本文学館14/02\2622
そげ狙撃手、前へ!瀬戸山玄岩波書店15/06\2592
そこ祖国の選択 −あの戦争の果て、日本と中国の狭間で城戸久枝新潮社15/01\1512
そこ祖国の選択 −あの戦争の果て、日本と中国の狭間で城戸久枝新潮社17/08\680
そこ「そこそこ」でいきましょう 岸本葉子中央公論新社15/03\734
そこ底ぬけビンボー暮らし 松下竜一講談社18/09\1836
そしそして、俺は今日も万全をkiss双葉社18/02\1080
そしそして、希望千広つなぐ文芸社14/01\1080
そしそして人生は続く −あるペルシャ系ユダヤ人の半生ブックレット《アジアを学辻圭秋風響社17/12\864
そしそしてだれも信じなくなった 土屋賢二文藝春秋18/11\680
そし素心−ぶれない・やさしい− −和文・英文小林利彦日本医療企画18/03\1620
そそ雪ぐ人 −えん罪弁護士今村核佐々木健一NHK出版18/06\1620
そつ卒寿のつぶやき樋口美世砂子屋書房16/09\3240
そっそっちのゲッツじゃないって!ゲッツ板谷ガイドワークス17/12\1620
その曽野綾子の本音で語る人生相談 曽野綾子大和書房18/11\734
そのその声を力に早乙女勝元新日本出版社18/05\1728
そのその心をいじめないで中村美幸龍鳳書房18/08\1620
そのその後とその前 瀬戸内寂聴幻冬舎15/08\583
そのその後のリストラなう! −割増退職金危機一髪瀬尾健出版人17/02\7080
そのその先は永代橋草森紳一幻戯書房14/05\4104
そのその時より、野とともにあり −遺稿集稲垣喜代志風媒社18/10\2160
そのその日暮らし 大活字本シリーズ森まゆみ埼玉福祉会18/05\8360
そのその日の墨 篠田桃紅河出書房新社14/12\907
そのそのように見えたいしいしんじイースト・プレス14/01\1944
そふ祖父たちの昭和 −化血研創設期の事ども太田原和熊日サービス開発18/03\1620
ソまソ満国境1945 土井全二郎潮書房光人新社18/08\864
そもそもそもこの世を生きるとは佐藤愛子海竜社14/02\1080
そもそもそも −つながりに気付くと未来が見える西きょうじ新潮社17/04\1080
そよそよ風に吹かれて小林リエ文芸社16/02\3982
そら空ある限り −岩切章太郎翁と歩みきて鉱脈文庫ふみくら渡辺綱纜鉱脈社18/11\756
そら空が、赤く、焼けて −原爆で死にゆく子たちとの8日間奥田貞子小学館15/06\1188
そら空旅・船旅・汽車の旅 阿川弘之中央公論新社14/12\799
そら「空飛ぶワン」と言われて高山エリーリフレ出版17/07\1296
そら空の向こうへ上野明子文芸社18/02\1080
そら空へブーンと。 −つれづれノート33銀色夏生KADOKAWA18/04\691
そら空ゆかば −海軍航空隊林藤太大尉の空戦記録押尾隆介上毛新聞社15/08\1620
そら空を見てますか… 6池辺晋一郎新日本出版社15/04\1728
そら空を見てますか… 7池辺晋一郎新日本出版社16/01\1728
そら空を見てますか… 8 −歴史を見る、音楽をする池辺晋一郎新日本出版社18/06\2160
それそれからの納棺夫日記青木新門法蔵館14/02\1836
それそれぞれの道 −33のドラマ秋田宗好コールサック社15/04\1620
それそれでも暮らし続けたいパリ松本百合子主婦と生活社16/03\9871
それそれでもこの世は悪くなかった 佐藤愛子文藝春秋17/01\842
それそれでも走りたい大木浩之文芸社14/02\1404
それそれでもピアノキャンプへ行きたかったの前田桂子文芸社14/02\1188
それそれでも僕は前を向く 大橋巨泉集英社14/03\778
それそれでも前へ進む伊集院静講談社14/12\12999
それそれも人生これも人生山藤せい子文芸社18/04\540
ソロソロモン海「セ」号作戦 種子島洋二潮書房光人新社18/04\832
ソロソロモン海の戦闘旗 −空母瑞鶴戦史[ソロモン攻防篇]森史朗潮書房光人新社18/12\1166
そんそんなに、変わった? 酒井順子講談社15/11\3159

Top > 評論:日本目次 > 評論:日本 19-14年 017 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(19-14年) A館(13-08年) B館(07-02年) C館(01-96年) D館(95-90年) E館(89年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)