政治学 17/16年


Back Next 
 この書棚のキーワード

政治学 アメリカ政治学 カール・シュミット デモクラシー ナショナリズム ルソー 
丸山眞男 権力 国家 国民 市民 自由 自由主義 政治 政治理論 比較政治学 民主主義

 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2019/03/22
売順書名著者出版社発行定価
マキマキャベリの「君主論」 今度こそ読み通せる名著マキャベリ,ニッコロウェッジ17/06\1404
みん民主主義という病い −ゴーマニズム宣言SPECIAL小林よしのり幻冬舎16/05\1620
マンマンガで伝授課長のための「君主論」マキャベリ,ニッコロ朝日新聞出版16/03\1296
こっ国家はなぜ衰退するのか 上 −権力・繁栄・貧困の起源ダロン・アセモグル早川書房16/05\1080
リベ「リベラル保守」宣言 中島岳志新潮社16/01\529
ぜん全体主義の起原 3 全体主義アーレント,ハンナみすず書房17/08\5184
ぜん全体主義の起原 1 反ユダヤ主義アーレント,ハンナみすず書房17/08\4860
ぜん全体主義の起原 2 帝国主義アーレント,ハンナみすず書房17/08\5184
せき責任と判断 ハナ・アーレント筑摩書房16/08\1728
こっ国家はなぜ衰退するのか 下 −権力・繁栄・貧困の起源ダロン・アセモグル早川書房16/05\1080
ポピポピュリズムとは何か −民主主義の敵か、改革の希望か水島治郎中央公論新社16/12\886
ほし保守の真髄 −老酔狂で語る文明の紊乱西部邁講談社17/12\907
カネカネと暴力の系譜学 萱野稔人河出書房新社17/05\799
きめ「決め方」の経済学 −「みんなの意見のまとめ方」を科学する坂井豊貴ダイヤモンド社16/06\1728
ほし保守主義とは何か −反フランス革命から現代日本まで宇野重規中央公論新社16/06\864
いかいかにして民主主義は失われていくのか −新自由主義の見えざる攻撃ブラウン,ウェンディみすず書房17/05\4536
ポピポピュリズムとは何かヤン=ヴェルナー・ミュラー岩波書店17/04\1944
ぼう暴政 −20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンティモシー・スナイダー慶応義塾大学出版会17/07\1296
はじはじめての政治学 第2版佐藤史郎法律文化社17/04\2052
ほう法の原理 −自然法と政治的な法の原理トマス・ホッブズ行路社16/09\3888
1818歳からの民主主義 岩波書店岩波書店16/04\907
てい定本丸山眞男回顧談 上丸山眞男岩波書店16/07\1598
てい定本丸山眞男回顧談 下丸山眞男岩波書店16/08\1534
バッバッドばつ丸の『君主論』 −逆境でも運命を制する技術朝日文庫編集部朝日新聞出版16/06\648
みん民主主義 − 一九四八−五三 中学・高校社会科教科書エッセンス文部省幻冬舎16/01\864
せか世界史で学べ!間違いだらけの民主主義宇山卓栄かんき出版16/04\1728
まる丸山眞男の憂鬱 橋爪大三郎講談社17/09\1944
せい政治の数理分析入門浅古泰史木鐸社16/06\2160
アレアレント入門 中山元筑摩書房17/01\864
せい政治学新川敏光有斐閣17/12\2160
にほ日本をダメにするリベラルの正体山村明義ビジネス社17/02\1512
みん民主主義は止まらない自由と民主主義のための学生緊急行動河出書房新社16/06\972
ぜん全体主義の起原 −不安が求める強い「しるべ」NHKテキスト100分de名ハンナ・アーレントNHK出版17/08\3279
せい政治の司法化と民主化 シリーズ転換期の国際政治4玉田芳史晃洋書房17/03\4320
ハーハーバート・スペンサーコレクション スペンサー,ハーバート筑摩書房17/12\1512
ふび不平等を考える −政治理論入門齋藤純一筑摩書房17/03\950
かん感情で釣られる人々 −なぜ理性は負け続けるのか堀内進之介集英社16/07\821
つい追跡・アメリカの思想家たち 会田弘継中央公論新社16/07\799
さらさらば、民主主義 −憲法と日本社会を問いなおす佐伯啓思朝日新聞出版17/05\821
こっ国家を考えてみよう 橋本治筑摩書房16/06\886
にほ日本国民であるために −民主主義を考える四つの問い互盛央新潮社16/06\1404
なん難破する精神 −世界はなぜ反動化するのかリラ,マークNTT出版17/09\2592
ナシナショナル・アイデンティティを問い直す川田順造山川出版社17/10\4860
ひが東アジアの王権と思想 (増補新装版)渡辺浩東京大学出版会16/12\3780
ナシナショナリズムの正体 半藤一利文藝春秋17/09\745
ここここから始める政治理論 田村哲樹有斐閣17/04\2052
わか若い有権者のための政治入門 −18歳から考える日本の未来藤井厳喜勉誠出版16/04\972
ポピポピュリズム −世界を覆い尽くす「魔物」の正体薬師院仁志新潮社17/03\842
シンシンプルな政府 −“規制”をいかにデザインするかキャス・サンスティーンNTT出版17/11\3024
ひか比較政治学の考え方 有斐閣ストゥディア久保慶一有斐閣16/03\2160
ちゅ中国ナショナリズム −民族と愛国の近現代史小野寺史郎中央公論新社17/06\929
ひきひきこもりの国民主義酒井直樹岩波書店17/12\3024
こっ国家と再認・誤認する私の日常 −ラカン理論の社会科学的活用山本哲士文化科学高等研究院17/07\2808
はん反マキアヴェッリ論 近代社会思想コレクションフリードリヒ二世京都大学学術出版会16/08\4536
まる丸山眞男講義録 別冊1 日本政治思想史1956/59丸山眞男東京大学出版会17/10\4104
みっ三つの革命 −ドゥルーズ=ガタリの政治哲学佐藤嘉幸講談社17/12\2160
イブイブン・タイミーヤ政治論集イブン・タイミーヤ作品社17/12\4104
トラトランプ現象とアメリカ保守思想 −崩れ落ちる理想国家会田弘継左右社16/08\1944
けん憲政の本義 −吉野作造デモクラシー論集吉野作造中央公論新社16/05\972
ただ「正しい政策」がないならどうすべきか −政策のための哲学ウルフ,ジョナサン勁草書房16/10\3456
せん戦後の精神史 −渡邊一夫、竹山道雄、E・H・ノーマン平川祐弘河出書房新社17/10\2160
せい〈政治〉の危機とアーレントー『人間の条件佐藤和夫大月書店17/08\3024
せい政治の本質 ヴェーバー,マックス中央公論新社17/10\972
ほう法の原理 −人間の本性と政治体トマス・ホッブズ岩波書店16/04\3600
めい迷走する民主主義 森政稔筑摩書房16/03\1080
くん君主論 マキャヴェッリ,ニッコロ光文社17/09\929
6060分で名著快読マキアヴェッリ『君主論』 河島英昭日本経済新聞出版社16/07\918
にほ日本政治思想史 放送大学教材原武史放送大学教育振興会17/03\3024
わた私の「戦後民主主義」岩波書店岩波書店16/01\1728
ファファシズムとは何かパスモア,ケヴィン岩波書店16/04\2484
にほ日本ナショナリズムの歴史 2 「神権天皇制」の確立と帝国主義への道梅田正己高文研17/09\3024
AEAERAの民主主義 朝日新聞出版朝日新聞出版16/07\8147
くに国ってなんだろう? −あなたと考えたい「私と国」の関係中学生の質問箱早尾貴紀平凡社16/02\1512
にほ日本ナショナリズムの歴史 1 「神国思想」の展開と明治維新梅田正己高文研17/09\3024
にほ日本ナショナリズムの歴史 3 「神話史観」の全面展開と軍国主義梅田正己高文研17/10\3024
デモデモクラシーは、仁義である 岡田憲治KADOKAWA16/08\864
まる丸山眞男の敗北 伊東祐吏講談社16/08\1836
にほ日本ナショナリズムの歴史 4 国家主義の復活から自民党改憲草案まで梅田正己高文研17/10\3024
せい政治の理論 −リベラルな共和主義のために稲葉振一郎中央公論新社17/01\1836
ひん品位ある社会 − 正義の理論 から 尊重の物語アヴィシャイ・マルガリート風行社17/12\3780
しそ思想としての〈共和国〉 −日本のデモクラシーのために(増補新版)ドゥブレ,レジスみすず書房16/06\4536
げん原理から考える政治学出原政雄法律文化社16/02\3132
まる丸山眞男講義録 別冊2 日本政治思想史1957/58丸山眞男東京大学出版会17/09\4104
ふし不審者のデモクラシー −ラクラウの政治思想山本圭岩波書店16/05\3996
せん戦後民主主義をどう生きるか三谷太一郎東京大学出版会16/09\3024
ぼう暴力と富と資本主義 −なぜ国家はグローバル化が進んでも消滅しないのか萱野稔人KADOKAWA16/03\2160
グログローバル化する世界と「帰属の政治」 −移民・シティズンシップ・国民国家ブルーベイカー,ロジャース明石書店16/10\4968
ない内乱の政治哲学 −忘却と制圧神崎繁講談社17/10\2592
せい正義・平等・責任 −平等主義的正義論の新たなる展開井上彰岩波書店17/06\5184
みん民主主義の内なる敵トドロフ,ツヴェタンみすず書房16/07\4860
こて古典に学ぶ民主主義の処方箋 −民主主義の歴史からネット時代を見据える石井登志郎游学社16/06\1512
ぎし偽史の政治学 −新日本政治思想史河野有理白水社17/01\3024
こっ国家論 −政策論的・財政学的アプローチ樋口均創成社16/08\1998
だい代表の概念ピトキン,ハンナ名古屋大学出版会17/12\5832
ポス〈ポスト68年〉と私たち −「現代思想と政治」の現在市田良彦平凡社17/10\5616
せい政治学の批判的構想 −ジェンダーからの接近衛藤幹子法政大学出版局17/07\4860
せい政治学へのいざない 放送大学教材御厨貴放送大学教育振興会16/03\3024
せい政治思想史入門堤林剣慶応義塾大学出版会16/04\3240
せか世界経済の変動と政治秩序 年報政治学日本政治学会木鐸社17/06\3780
せい政治学入門木寺元弘文堂16/04\2376
ポピポピュリズム化する世界国末憲人プレジデント社16/09\1728
カウカウンター・デモクラシー −不信の時代の政治ピエール・ロザンヴァロン岩波書店17/03\3456
せい政治学のためのゲーム理論ジェイムズ・D・モロー勁草書房16/12\5940
バーバーク読本−〈保守主義の父〉再考のために中澤信彦昭和堂17/08\3456
そう「創共協定」とは何だったのか −社会主義と宗教との共振村岡到社会評論社17/11\1836
だい代議制民主主義の計量分析 シリーズ 政権交代期における政治意識の全国的時小林良彰木鐸社16/10\3780
まる丸山眞男『日本政治思想史研究』を読む橘川俊忠日本評論社16/07\3456
せい政治学への扉永山博之一藝社16/04\2592
こく国民再統合の政治 −福祉国家とリベラル・ナショナリズムの間新川敏光ナカニシヤ出版17/08\3888
たい「大衆」と「市民」の戦後思想 −藤田省三と松下圭一趙星銀岩波書店17/05\6372
せい政治哲学的考察 −リベラルとソーシャルの間宇野重規岩波書店16/05\3672
ナシナショナリズムとマスメディア −連帯と排除の相克津田正太郎勁草書房16/11\7020
せい政治と教育 年報政治学日本政治学会木鐸社16/06\2970
しゃ社会的合意と時間 −「アローの定理」の哲学的合意斉藤尚木鐸社17/03\4320
しゃ社会契約と性契約キャロル・ペイトマン岩波書店17/03\8424
みん民主主義の発明 −全体主義の限界ルフォール,クロード勁草書房17/01\5616
にほ日本政治思想 米原謙ミネルヴァ書房17/10\3780
たい大正知識人の思想風景 −「自我」と「社会」の発見とそのゆくえ飯田泰三法政大学出版局17/04\5724
アーアーレント最後の言葉 小森謙一郎講談社17/07\1836
ハンハンナ・アーレント −世界との和解のこころみ対馬美千子法政大学出版局16/04\4104
1818歳選挙権ガイドブック川上和久講談社16/06\1296
デモデモクラシーとは何かメリアム,チャールズ・E・志學社17/09\5600
さい「再国民化」に揺らぐヨーロッパ −新たなナショナリズムの隆盛と移民排斥の高橋進法律文化社16/03\4104
めい明治日本の国粋主義思想とアジア中川未来吉川弘文館16/02\11880
こっ国家論序説中谷義和御茶の水書房17/07\3780
リアリアル・デモクラシー −ポスト「日本型利益政治」の構想宮本太郎岩波書店16/01\3348
カーカール・クラウスと危機のオーストリア −世紀末・世界大戦・ファシズム高橋義彦慶応義塾大学出版会16/04\3888
アーアーレントと二〇世紀の経験川崎修慶応義塾大学出版会17/09\3888
ポピポピュリズムのグローバル化を問う −揺らぐ民主主義のゆくえ 立命館大学人中谷義和法律文化社17/03\5184
げん現代政治の理論と動向土倉莞爾晃洋書房16/04\2808
なぜなぜアーレントが重要なのか 新装版エリザベス・ヤング・ブルーエルみすず書房17/05\4104
ぎせ擬制の論理 自由の不安−近代日本政治思想松田宏一郎慶應義塾大学出16/06\6264
せん選挙という非民主主義 −このまま18歳の若者に引き継ぐのか東道利廣風詠社16/06\864
グログローバルな正義 −国境を越えた分配的正義上原賢司風行社17/12\4860
ローロールズと自由な社会のジェンダー −共生への対話金野美奈子勁草書房16/08\3564
せい政治概念の歴史的展開 第10巻 「まつりごと」から「市民」まで米原謙晃洋書房17/01\3672
カンカントの政治哲学 −自律・言論・移行金慧勁草書房17/08\4860
ローロールズの政治哲学 −差異の神義論=正義論田中将人風行社17/03\4860
せい政治概念の歴史的展開 第9巻 「天皇」から「民主主義」まで米原謙晃洋書房16/09\3888
ぎゃ逆光の政治哲学姜尚中法律文化社16/04\3240
やっやっぱりあきらめられない民主主義内田樹水声社16/06\1620
しっ執政制度の比較政治学 日本比較政治学会年報日本比較政治学会ミネルヴァ書房16/06\3240
しさ思索日記 1 1950−1953アーレント,ハンナ法政大学出版局17/05\6696
げん現代政治学の世界星野智晃洋書房16/04\2268
せい政府の政治理論 −思想と実践菊池理夫晃洋書房17/03\3132
せい政治思想家としてのグルントヴィコースゴー,オヴェ新評論16/01\2700
でん伝統主義と文明社会 −エドマンド・バークの政治経済哲学小島秀信京都大学学術出版会16/02\5616
しさ思索日記 2 1953−1973アーレント,ハンナ法政大学出版局17/05\6480
フィフィルマー著作集 近代社会思想コレクションフィルマー,ロバート京都大学学術出版会16/11\6264
さん三千年紀の国家アーダム,2世,ハンス郁文堂16/11\6570
ヘーヘーゲル国家学神山伸弘法政大学出版局16/02\7344
きげ喜劇の誕生 −マキァヴェッリの文芸諸作品と政治哲学村田玲風行社16/09\4860
だつ脱「戦後日本」のナショナリズム −90年代以降の3つの流れ小宮修太郎第三書館16/08\1944
なん南原繁の思想世界 −原理・時代・遺産加藤節岩波書店16/02\5184
こう公論と交際の東アジア近代塩出浩之東京大学出版会16/10\6264
けん憲政自治と中間団体 −一木喜徳郎の道義的共同体論稲永祐介吉田書店16/01\4536
げん現代国家論片岡寛光早稲田大学出版部16/04\7740
かた語りつぐトクヴィル −再生のための「デモクラシー」考叢書<語りつぐ政治思中谷猛萌書房17/11\1728
みん民主主義の歴史的考察 −古代ギリシアから現代アメリカまで土井淑平綜合印刷出版16/12\2484
かん韓国政治思想史朴忠錫法政大学出版局16/09\10584
コモコモンウェルスの政治思想史 −エリザベス一世期の政治的イングランド意識山根明大立教大学出版会17/03\4968
むし無神論と国家 −コジェーヴの政治哲学に向けて坂井礼文ナカニシヤ出版17/01\4752
せい政道と政体 −近代日本における中国観察現代中国何鵬挙勁草書房16/01\5400
にほ日本における保守主義はいかにして可能か荻原隆晃洋書房16/03\4644
カーカール・シュミットと五人のユダヤ人法学者初宿正典成文堂16/10\23282
そん存在と秩序 −人間を巡るヘブライとギリシアからの問い藤田潤一郎創文社16/02\7776
せい政治行政入門山梨学院大学政治行政研究会公人の友社17/09\2700
まる丸山眞男と清水幾太郎 −自然・作為・逆説の政治哲学小幡清剛萌書房17/08\3456
せい政治思想における意志と理性 政治思想研究政治思想学会風行社16/05\2700
グログローバル・ガバナンスと共和主義 −オートポイエーシス理論による国際社会川村仁子法律文化社16/04\5292
こう講座臨床政治学 第6巻 環境政治の展開宗像優日本臨床政治学会志學社16/04\3240
みん「民生主義革命」論の形成と崩壊 −陳公博の革命イデオロギー新地比呂志晃洋書房16/03\4320
MoMoral Politics in the Philippines −IWataruKusaka京都大学学術出版会17/02\5184
イギイギリス保守主義研究 愛媛大学法学会叢書戸澤健次成文堂16/03\4320
JSJ.S.ミルとI.バーリンの政治思想山下重一御茶の水書房16/09\15320
けん権利としてのデモクラシー OD版岡田憲治勁草書房16/06\4320
あた与えあいのデモクラシーホネット岡崎晴輝勁草書房16/06\4536
フアフアツシズム批判 (復刻版)河合栄治郎日本評論社16/09\18230

Top > 社会科学目次 > 政治学 17/16年 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(19-14年) A館(13-08年) B館(07-02年) C館(01-96年) D館(95-90年) E館(89年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)