評論:日本 19-14年 010


Back Next 
 検索解説  現在、連動検索はできません。

  amazon 紀伊國屋 楽天 7net honto HonyaC  e-hon    BServ  古本市場  NETOFF
別画面 共通ドラッグ検索 表紙&レビュー Google Yahoo web 公共図書館 大学図書館 NACSIS 国会図書館


左端のラジオボタン「ラ」を選ぶと上記サイトで自動検索!  2019/02/22
評価 読順書名著者出版社発行定価
ぐん軍医サンよもやま物語 −軍医診療アラカルト関亮潮書房光人社16/03\853
ぐん軍医戦記 −生と死のニューギニア戦柳沢玄一郎潮書房光人社15/11\842
ぐん軍医殿!腹をやられました かもがわブックレット中野信夫かもがわ出版14/01\2100
ぐん軍艦「鳥海」航海記 −平間兵曹長の日記昭和16年〜17年平間源之助イカロス出版18/12\1890
ぐん軍神の母、シドニーに還る −生き残り学徒兵の「取材ノート」から南雅也潮書房光人新社18/07\821
ぐん群島−世界論 パルティータ今福龍太水声社17/06\9000
ぐん軍馬アオの哀れな最後 −私と通化事件、そしてアオとの別れ本田一寿創英社16/04\1404
ぐん群馬弁で介護日記 認知症、今日も元気だい−迷走する父と母に向き合う日々木部克彦言視舎18/07\1620
けい敬愛措く能わざる人近藤朝子文芸社14/11\3215
けい経験して学んだ刑事の哲学深沢敬次郎元就出版社17/03\1728
けい経済成長なき幸福国家論 −下り坂ニッポンの生き方平田オリザ毎日新聞出版17/09\1080
けい警視庁捜査二課 萩生田勝講談社15/10\756
げい芸術ってナンボのモノ?三沢盛雄文芸社14/07\648
けい軽巡海戦史 −駆逐艦を率いて突撃した戦隊旗艦の奮戦と最後松田源吾潮書房光人社17/03\2160
けい軽巡「名取」短艇隊物語 −生還を果たした乗組員たちの周辺松永市郎潮書房光人社16/04\929
げい芸能の不思議な力なかにし礼毎日新聞出版18/10\1836
けい刑務所なう。 −完全版堀江貴文文藝春秋14/07\1134
けい刑務所わず。 −塀の中では言えないホントの話堀江貴文文藝春秋14/01\1290
けい刑務所わず。 −塀の中では言えないホントの話堀江貴文文藝春秋16/07\842
ケイケインズ、ときどきビートルズ。古屋隆幻冬舎メディアコンサルティング18/08\1296
げが下癌 −大腸癌が体外に排出された!伊藤フサ子文芸社18/08\1296
げき激戦ニューギニア −下士官兵から見た戦場白水清治潮書房光人新社18/11\929
げき撃墜王は生きている!井上和彦小学館15/06\1512
げき撃墜王は生きている! 井上和彦小学館17/07\616
げき激闘の空母機動部隊 −非情なる海空戦体験手記別府明朋潮書房光人社15/06\886
げき激動の昭和を“医療”に生きて三俣叔子文芸社15/05\1296
げき激闘ルソン戦記 −機関銃中隊の決死行井口光雄潮書房光人社14/10\972
けさ消された光 見えてきた光yuna文芸社18/10\1080
げし下衆の極み林真理子文藝春秋17/03\1296
ゲスゲスママ神田つばきコアマガジン16/09\1296
ケセケ・セラ・セラで生きた3年たねきち幻冬舎メディアコンサルティング17/12\1296
げた下駄でカラコロ朝がえり −ナマコのからえばり椎名誠集英社14/08\540
けつ決意とリボン林真理子文藝春秋14/03\1296
けっ結局ゾロ目を見逃すまえだりょう郁朋社14/02\1080
げっ月空ワールド中島月空岐阜新聞社17/06\2500
けっ結婚相手ってどこに落ちてるの?花津ハナヨ幻冬舎コミックス15/09\972
けっ結婚しても恋してる僕たちの10年間shin5KADOKAWA17/12\1188
けっ結婚という名の偽り −未完成3遠山阿都摩文芸社18/08\1188
けっ結婚の嘘中央公論新社中央公論新社17/02\1188
けっ結婚は、運。 −夫婦、この不思議な関係曽野綾子PHP研究所17/09\1188
けっ結婚は、賭け。 −夫婦、この不思議な関係曽野綾子PHP研究所18/09\1296
けっ結婚はつらいよ!今村三菜幻冬舎15/12\1404
けっ「結婚」まで −よりぬき80s林真理子文藝春秋14/10\680
けつ決断。−全盲のふたりが、家族をつくるとき大胡田誠中央公論新社17/11\1620
けっ血風二百三高地 −日露戦争の命運を分けた第三軍の戦い舩坂弘潮書房光人社16/01\842
けも獣でなぜ悪い園子温文藝春秋18/05\1296
けもけもの道 藤村忠寿KADOKAWA14/05\475
けや欅の如く −弁護士・高橋伸二痛快伝高橋伸二上毛新聞社18/12\1296
けや欅の箪笥倉橋惠理佳敬文舎14/09\1404
けろけろけろけろっぴの『徒然草』 −毎日を素敵に変える考え方朝日新聞出版朝日新聞出版15/08\648
げん現役東大生が1日を50円で売ってみたら高野りょーすけKADOKAWA17/02\1296
げん元気になったら −母の乳がん末期からの闘病記嶋田富美子文芸社15/03\1728
げん元気になるシカ! 2 −ひとり暮らし闘病中、仕事復帰しましたメディアファ藤河るりKADOKAWA18/06\1080
げん元気になるシカ! −アラフォーひとり暮らし、告知されました藤河るりKADOKAWA16/09\1080
げん元気の源五体の散歩 −「知」を支える頭と体の整え方外山滋比古祥伝社14/08\1490
けん研究室は今日も上天気 −卒業生と作るホームページ土方洋一青簡舎16/03\2484
けん「健康からの医学」を求めて −農村医学から予防医学へ小山和作鳥影社17/10\1620
けん健康という病五木寛之幻冬舎17/12\821
けん健康に生きる覚悟森村誠一KADOKAWA14/03\43928
げん源郷のアジア佐伯敏光編集工房ノア14/06\2052
けん健康半分 増補赤瀬川原平デコ15/02\1080
げん原稿用紙にひとりごと −いわき民法連載『塾長閑話』より丹野勝弘風土社18/08\1000
けん検索禁止 長江俊和新潮社17/04\821
げん現実脱出論 坂口恭平講談社14/09\821
げん現象としての私本村俊弘七月堂16/06\2160
けん賢女の極意林真理子文藝春秋16/10\680
げん現代(いま)に伝えたい私(わたし)の「満洲」本多正志學社14/11\2480
げん現代エッセイ訳徒然草 −すらすら読めて、すっきりわかる山口謠司ワニブックス18/09\896
げん現代語裏辞典 筒井康隆文藝春秋16/05\1210
げん現代徒然草 −随筆集菅原伝三郎詩歌文学刊行会14/02\1728
げん現代の桀王・紂王 −人質体験を通して見た世界松尾稔文芸社14/01\1296
げん現代、野蛮人入門 松尾スズキKADOKAWA14/12\84707
けん剣道が恋人桜光雪文芸社16/04\648
げん玄冬の門 五木寛之ベストセラーズ16/06\848
げん幻年時代 坂口恭平幻冬舎16/12\583
げん原爆と16歳の決死隊隊長の苦難の70年 −原爆の死に損ないの馬鹿者と呼ば久保権一東洋出版15/12\1944
げん原爆と戦った特攻兵 −8・6広島、陸軍秘密部隊(レ)の救援作戦豊田正義KADOKAWA15/07\1728
げん原爆の惨禍 −名著で読む広島・長崎の記憶蜂谷道彦原書房15/07\1944
げん原爆の世紀を生きて −爆心地からの出発米澤鐵志アジェンダ・プロジェクト18/08\1512
げん原爆 −広島を復興させた人びと石井光太集英社18/07\1728
げん原爆許すまじ part2横田ミサホ鳥影社14/06\1620
げん原爆許すまじ part3横田ミサホ鳥影社16/02\5220
げん原爆を境に榎実文芸社17/02\1080
げん原爆を背負って −谷口稜曄聞き書き久知邦西日本新聞社14/08\6383
げん原発とジャングル渡辺京二晶文社18/05\1944
けん見仏記 7仏像ロケ隊がゆくいとうせいこうKADOKAWA18/03\691
ケンケンブリッジ・サーカス 柴田元幸新潮社18/08\562
けん憲法9条改正、これでいいのか −詩人が解明−言葉の奥の危ない思想−谷内修三ポエムピース17/08\810
けん嫌老社会を超えて五木寛之中央公論新社15/09\1296
こい恋から始まったビョーキ −私は強迫性障害です松居沙夜新潮社16/06\1512
こい恋したひとは車いす酒井朋子徳間書店15/06\1512
こい小泉信三エッセイ選 1 善を行うに勇なれ小泉信三慶応義塾大学出版会16/10\3024
こい小泉信三エッセイ選 2 私と福澤諭吉小泉信三慶応義塾大学出版会17/01\3024
こい小岩へ −父敏雄と母ミホを探して島尾伸三河出書房新社18/08\2592
こうこういう旅はもう二度としないだろう銀色夏生幻冬舎17/12\1404
こう好運の条件 −生き抜くヒント!五木寛之新潮社15/06\799
ごう轟音−その後−古久保健日本機関紙出版センター16/06\5220
こう工学部ヒラノ教授とおもいでの弁当箱今野浩青土社16/11\1944
こう工学部ヒラノ教授の介護日誌今野浩青土社16/03\1944
こう工学部ヒラノ教授の終活大作戦今野浩青土社18/02\1944
こう工学部ヒラノ教授のはじまりの場所 −世田谷少年交差点物語今野浩青土社17/06\1944
こう交換日記まるぞう文芸社18/11\1080
こう好奇心のかたまり草野美和文芸社18/07\1296
こう好奇心のかたまり草野美和文芸社18/08\1296
こう好奇心をカバンにつめて part2森千紗花清風堂書店17/06\1296
こう航空母艦物語 −体験者が綴った建造から終焉までの航跡野元為輝潮書房光人社17/05\972
こう虹?譚100話 第1巻出村紳一郎文芸社18/10\648
こう高原の街軽井沢/異人館のある街神戸 吉村祐美VNC14/10\29327
こう黄昏客思松浦寿輝文藝春秋15/10\1890
こう皇室をお護りせよ! −鎌田中将への密命鎌田勇ワック16/10\1728
こう高次脳機能障害と介護 OYOYO文芸社16/02\648
こう糀本美保炎の命愛と詩石井喜博文芸社17/04\1512
こう幸生凡語 TianLiangシリーズ15萩野脩二三恵社16/01\2484
こう幸田家のことば −知る知らぬの種をまく青木奈緒小学館17/02\1620
こう拘置所日記〜Choose yourfuture〜藤井洋平文芸社18/02\648
こう紅茶と薔薇の日々 森茉莉筑摩書房16/09\799
こう校長先生、がんになる小林豊茂第三文明社18/03\1404
こう交通事故「逃げたら」どうなる新高山昇東京図書出版14/12\1080
こう江東昔ばなし田辺貞之助菁柿堂16/04\8126
こう高熱による不思議な体験が人生を変えた加藤政美文芸社16/03\648
こう幸福な絶望坂口恭平講談社15/07\1620
こう幸福の商社、不幸のテパート −僕が3億円の借金地獄で見た景色水野俊哉サンライズパブリッシング17/10\1512
こう幸福の法則一日一言 (ポケット版)宇野千代海竜社16/04\1080
こう幸福はただ私の部屋の中だけに 森茉莉筑摩書房17/04\821
こう神戸ものがたり 陳舜臣神戸新聞総合出版センター17/04\1944
こう高野山に生きて97歳今ある自分にありがとう添田清美宝島社17/05\1080
こうこうやって、考える。外山滋比古PHP研究所17/09\1296
こう荒野に立てば −十字路が見える北方謙三新潮社17/06\1404
こう荒野の胃袋井上荒野潮出版社14/09\1404
こう曠野の花 −義和団事件石光真清中央公論新社17/12\1080
こう荒野より 三島由紀夫中央公論新社16/06\1015
こう黄落の夕景 −老イテモ春秋アリ竹岡準之助幻戯書房17/03\6220
こえ姜信子ぷねうま舎15/06\1944
ごえ呉越同舟堀田欣吾東洋出版16/09\3970
こえ声にならなかった声岩崎保則七つ森書館17/06\1944
こえ声をあげよう言葉を出そう −神戸新聞読者文芸選者随想安水稔和『声をあげよう言葉を出そう』編集委員15/06\2484
コーコータリンは要介護5 −車椅子の上から見た631日神足裕司朝日新聞出版18/03\1512
コーコーちゃんと真夜中のブランデー高峰秀子河出書房新社17/03\1728
こお凍った大地に −私のシベリア抑留記品川始ハーベスト出版15/07\1620
コー珈琲が呼ぶ片岡義男光文社18/01\1944
コー珈琲店エリカの半世紀川上文子草土文化17/06\1080
コーコーヒーと随筆庄野雄治mille books17/10\1404
コーコーヒーはぼくの杖 −発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの岩野響三才ブックス17/12\1404
コー珈琲挽き 小沼丹講談社14/02\1836
コーコーヒーを淹れる午後のひととき岡村健梓書院17/03\1000
コーコーランの呼ぶ声原一幻冬舎メディアコンサルティング17/11\1188
ごか碁から向かう未踏の世界−エッセイ&小説−山口登清風堂書店15/08\1296
ごきご機嫌な習慣松浦弥太郎中央公論新社18/02\1404
こき呼吸器の子松永正訓現代書館17/06\1728
こき故郷に錦を飾る関根春生文芸社14/11\1188
こき故郷は今も美わし後藤佳珠文芸社16/01\1188
こき古稀領解 −等身大の死生観河谷豊治幻冬舎メディアコンサルティング17/04\864
ごく極悪鳥になる夢を見る 貴志祐介文藝春秋17/04\724
ごく極上の孤独 下重暁子幻冬舎18/03\791
ごく極上の人生 −人生を楽しむ四つの美学辰濃和男海竜社17/06\1512
ごく獄中閑 −我、木石にあらず川口和秀TAO Lab17/07\2700
ごく獄中十八年 徳田球一講談社17/12\1620
ごく獄中で聴いたイエスタデイ瀧島祐介鉄人社15/09\1404
こく告白 −あるPKO隊員の死・23年目の真実旗手啓介講談社18/01\1944
こく告白 −三島由紀夫未公開インタビュー三島由紀夫講談社17/08\1620
ごく極秘司令皇統護持作戦 −我ら、死よりも重き任務に奉ず将口泰浩徳間書店17/07\1728
こく国民の9割が知らない、日本の「今」と「これから」鈴木敦幻冬舎メディアコンサルティング18/08\1296
ごく極楽鳥とカタツムリ 澁澤龍彦河出書房新社17/07\950
こく古訓堂日乗黒川達郎源草社15/02\2160

Top > 評論:日本目次 > 評論:日本 19-14年 010 Back Next 

書棚ドットコムは6年分割(このページは本館): 本館(19-14年) A館(13-08年) B館(07-02年) C館(01-96年) D館(95-90年) E館(89年以前)

 
Google
 
Web 書棚ドットコム

このページのどこでもダブルクリックすれば、なにかと便利な「どこでもマド」が表示されます。このページの使用法は→検索解説

メモ(マウスでドラッグした部分が自動的にメモされます。ドラッグごとに連続追加。)